的確な遺言書作成エクスプレス  

 

尊厳死宣言公正証書(リビング・ウィル)とは

当事務所には、「延命治療の拒否をしたいときには遺言書を作ればよいでしょうか?」という問い合わせも多く入ります。

本来、遺言書は財産等の相続を主目的として作成するものであり、延命治療拒否の意思表示には性質が異なるという問題があります。
また、延命治療の拒否については、医師が法的責任を問われる場面もあり、対応に消極的という問題もあります。
直筆の依頼書や自筆証書遺言書の中で延命治療の拒否の文言を記載しただけでは、医師の法的責任のリスク回避ができず、遺言者のご意向に沿った対応は望めない可能性が高いです。

延命治療の拒否の意思表示を厳格に行う手続としては、公証役場で尊厳死宣言公正証書を作成するという方法があります。(この尊厳死宣言書は欧米ではリビング・ウィルと呼ばれています。)
この尊厳死宣言公正証書を作成するためには、ご家族の同意とそれを証するために、ご家族の印鑑登録証明書や身分証明書も必要となります。
尊厳死宣言公正証書を作成した場合も、状況によっては医師が延命治療拒否の対応をしないケースもありますが、近年では患者の意思尊重の観点から95%以上が尊厳死を容認しているようです。(日本尊厳死協会の機関誌「リビング・ウィル」のアンケート結果より)

真剣に延命治療の拒否(尊厳死)の意思表示をしておきたい場合は、尊厳死宣言公正証書を用意しておくべきでしょう。

当事務所では尊厳死宣言公正証書の作成サポートとして、以下のメニューを用意しております。

(A)公正証書の原案のみ作成 25,000円
当事務所が尊厳死宣言公正証書の原案のみを作成し、公証役場との連絡調整はお客様ご自身で行って頂きます。

(B)公正証書の完成までサポート。 8万円
尊厳死宣言公正証書の完成まで当事務所がサポート致します。。
最終的に1回のみ、関係者の皆様で最寄の公証役場に同行して頂く必要が生じます。
公証役場に出向くのが困難な場合は、公証人による出張を依頼することも可能です。

尚、公正証書作成には、上記費用の他に公証役場手数料が別途必要となります。

尊厳死宣言公正証書の作成のご依頼については、正式依頼フォームより手続をお願い致します。



正式依頼構成例料金初回無料相談

 

以下は遠山行政書士事務所 が運営するサイトです

遠山行政書士事務所のメインサイト
当事務所が扱う行政書士業務についての総合案内窓口です。

素早いクーリングオフ代行ならクーリングオフ・エクスプレス
悪徳商法や不要な契約について、的確にクーリングオフ手続を代行します。

悩ましい離婚協議書や示談書なら示談書作成エクスプレス
男女問題や傷害事件など、和解合意後の示談書作成をご支援します。

借用書と金銭消費貸借契約書作成エクスプレス
借用書や金銭貸借に関する契約書の作成をご支援します。

公正証書ナビ 借用書と遺言書の公正証書作成
金銭貸借や遺言書の公正証書作成をご支援します。

行列のできるホームページの制作とSEOは名古屋市のDCS
WEBサイトの売上向上のためのコンサルティング・サービス

 

メニュー

遺言の種類

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言
・特別方式遺言

遺言の知識

・遺言能力
・遺言で指定できること
・生前の延命治療拒否には(尊厳死宣言公正証書)
・葬儀の知識
・遺言が無効となるトラブル
・遺言の取消
・公正証書とは
・遺言書の書き方(構成例)

相続に関する決まり事

・法定相続
・遺留分
・相続や遺留分の放棄
・遺留分減殺請求
・3億円以上の遺産相続

遺言書作成の準備

・遺言執行者
・公正証書作成のための準備物

当サイトのシステム

・家族に遺言書作成を勧めたい方へ
・遠山行政書士事務所のご案内
・サービス概要
・手続の流れ
・料金について
・免責事項
・初回無料相談
・正式依頼

   

素早い遺言書作成エクスプレスのトップページへ