的確な遺言書作成エクスプレス  

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、誰の手を借りることもなく、単独で作成することができます。
その点では、最も手軽で身近な遺言方式です。
簡単に作成することができる反面、専門家のチェックも受けないため、いざ相続時に形式不備で無効になってしまう心配もあります。
自筆証書遺言であっても、内容に問題がないか専門家にチェックを受けておくと良いでしょう。

自筆証書遺言のメリット

  • 誰の手も借りずに単独で作成できる。
  • 作成する手続が簡単。
  • 費用がかからない。
  • 公証役場まで出掛けなくても済む。

自筆証書遺言のデメリット

  • 自分だけで作成するため、形式不備や無効文言のチェックができない。
  • 相続の際には家庭裁判所の検認手続が必要で、相続人に手間をかける。
  • 容易に偽造が可能である。
  • 遺言書を紛失した場合は、遺言者の意思通りに相続されない可能性がある。
  • ワープロ打ちは不可なので、全文を手書きにする必要がある。

自筆証書遺言の要件(民法968条)

遺言書の全文が遺言者の自署で記述されていること。活字やワープロ打ちは不可です。
日付と氏名が記載されていること。
押印してあること。(実印ではなくても可。)

上記の一つでも欠けていれば、自筆遺言証書としての形式不備となり、その遺言は無効となります。この形式不備で無効となる自筆証書遺言は意外と多いです。注意が必要ですね。

当事務所の自筆証書遺言作成支援

当行政書士事務所では、お客様の遺言内容をチェックして、遺言書の原案を作成致します。遺留分侵害等の違反や形式不備が無いように、細心のアドバイスを致します。
自筆証書遺言は、必ず遺言者ご本人が全文を自署する必要があるため、当事務所が作成する原案を、手書きにて書き写して頂くことで完成となります。

 

正式依頼構成例料金初回無料相談

 

 

メニュー

遺言の種類

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言
・特別方式遺言

遺言の知識

・遺言能力
・遺言で指定できること
・生前の延命治療拒否には(尊厳死宣言公正証書)
・葬儀の知識
・遺言が無効となるトラブル
・遺言の取消
・公正証書とは
・遺言書の書き方(構成例)

相続に関する決まり事

・法定相続
・遺留分
・相続や遺留分の放棄
・遺留分減殺請求
・3億円以上の遺産相続

遺言書作成の準備

・遺言執行者
・公正証書作成のための準備物

当サイトのシステム

・家族に遺言書作成を勧めたい方へ
・遠山行政書士事務所のご案内
・サービス概要
・手続の流れ
・料金について
・免責事項
・初回無料相談
・正式依頼

以下は遠山行政書士事務所 が運営するサイトです

遠山行政書士事務所のメインサイト
当事務所が扱う行政書士業務についての総合案内窓口です。

素早いクーリングオフ代行ならクーリングオフ・エクスプレス
悪徳商法や不要な契約について、的確にクーリングオフ手続を代行します。

悩ましい離婚協議書や示談書なら示談書作成エクスプレス
男女問題や傷害事件など、和解合意後の示談書作成をご支援します。

借用書と金銭消費貸借契約書作成エクスプレス
借用書や金銭貸借に関する契約書の作成をご支援します。

公正証書ナビ 借用書と遺言書の公正証書作成
金銭貸借や遺言書の公正証書作成をご支援します。

行列のできるホームページの制作とSEOは名古屋市のDCS
WEBサイトの売上向上のためのコンサルティング・サービス

   

素早い遺言書作成エクスプレスのトップページへ