的確な遺言書作成エクスプレス  
安心の遺言書作成エクスプレスです

遺留分

遺言によっても奪うことが出来ない相続人の権利を遺留分といいます。配偶者や子など身近な家族には、財産の一定の割合を必ず相続させることが義務付けられています。(民法1028条)

全財産から遺留分を差し引いた部分が、遺言者の自由裁量で処分できる自由分となります。
遺留分の割合は、以下の通りです。

相続人が直系尊属(親)のみ   財産の3分の1
相続人が配偶者のみ       財産の2分の1
相続人が配偶者と子       財産の2分の1
相続人が配偶者と親       財産の2分の1
相続人が子のみ         財産の2分の1

※兄弟姉妹には遺留分はありません。

遺留分の計算方法(持ち戻し)

遺留分の計算には、相続人が相続開始前1年間に受けた贈与分を含めます。これを持ち戻しといいます。
この遺留分の持ち戻しの計算方法は以下のようになります。(民法1029条)

(1) 相続開始時の現存遺産を算定
(2) 相続開始前1年間の贈与を相続人の相続分に加算する(持ち戻し)。
    1年以上前の贈与でも、遺留分侵害になることを知っている場合は持ち戻しの対象となる。
(3) 相続債務を控除する。
(4) 遺留分の規定に従い、各相続人の割合(持ち分)に応じて分配する。

正式依頼構成例料金初回無料相談

 

 

メニュー

遺言の種類

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言
・特別方式遺言

遺言の知識

・遺言能力
・遺言で指定できること
・生前の延命治療拒否には(尊厳死宣言公正証書)
・葬儀の知識
・遺言が無効となるトラブル
・遺言の取消
・公正証書とは
・遺言書の書き方(構成例)

相続に関する決まり事

・法定相続
・遺留分
・相続や遺留分の放棄
・遺留分減殺請求
・3億円以上の遺産相続

遺言書作成の準備

・遺言執行者
・公正証書作成のための準備物

当サイトのシステム

・家族に遺言書作成を勧めたい方へ
・遠山行政書士事務所のご案内
・サービス概要
・手続の流れ
・料金について
・免責事項
・初回無料相談
・正式依頼

以下は遠山行政書士事務所 が運営するサイトです

遠山行政書士事務所のメインサイト
当事務所が扱う行政書士業務についての総合案内窓口です。

素早いクーリングオフ代行ならクーリングオフ・エクスプレス
悪徳商法や不要な契約について、的確にクーリングオフ手続を代行します。

悩ましい離婚協議書や示談書なら示談書作成エクスプレス
男女問題や傷害事件など、和解合意後の示談書作成をご支援します。

借用書と金銭消費貸借契約書作成エクスプレス
借用書や金銭貸借に関する契約書の作成をご支援します。

公正証書ナビ 借用書と遺言書の公正証書作成
金銭貸借や遺言書の公正証書作成をご支援します。

行列のできるホームページの制作とSEOは名古屋市のDCS
WEBサイトの売上向上のためのコンサルティング・サービス

   

素早い遺言書作成エクスプレスのトップページへ