信頼の遺言書作成エクスプレス  

相続税対策

平成17年度分の相続で納付した割合は4.2%だったようです。
そして、相続課税価格に占める割合は11.3%だそうです。

例えば、100万人が亡くなったとすれば、4万人ほどしか相続税を払わなくていいのです。

また、11%というのは、税率にあたって、 例えば1億財産あるとしたら単純に1千百万円の税金と いうことです。

現在の相続税法等の仕組みから少しの人しか課税されないようになっています。

税務の専門家が税理士ですが、全国に7万人以上いる税理士の多くが、法人税や所得税や消費税の申告作成業務を行っていまして、相続を専門にしているという税理士は数が少ないのが現状です。
相続税の申告書の作成は市販でも優れたソフトもありまして、どの税理士も難しいことではありません。

ここに問題が潜んでいます。

税理士なら誰でも相続税法等に従えばできますが、ほとんどの税理士は保守的な方法を選択するのではないでしょうか?

例えば、土地の評価は、国税庁から公表される路線価に基づいて、評価します。
土地の形状によって、評価を下げることも評価通達に基づいて処理すればできます。

ところが、10年ほど前に土地供給公社が田んぼを買いとりにき、頓挫した田んぼを評価しなければならなくなったとします。

その評価方法は宅地に準じて評価することになります。
それでは、あまりにも高すぎます。
実際、その田んぼだけを開発して宅地に利用可能かと考えると到底無理です。
他の多くの人の田んぼと一緒でないと開発などできません。

そこで不動産鑑定士の方に評価してもらい、非常に理にかなった金額を算出することもできます。

このように、土地は、すべて長方形で評価通達どおりに評価すべきかといえばそうではないのです。
ところが多くの税理士は保守的な選択をすることになるのですが、納税者にはわかりません。

このように高額な財産の相続について、理にかなった評価をする税理士と巡り会いたいとお考えの方もおみえになると思います。

当行政書士事務所では、相続財産の額が3億円を超える方を対象として、そのような相続税の申告業務を専門とする税理士をご紹介しております。

高額な相続税の申告についてお悩みの方は無料相談フォームよりお問合せ下さい。



正式依頼構成例料金初回無料相談

 

 

メニュー

遺言の種類

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言
・特別方式遺言

遺言の知識

・遺言能力
・遺言で指定できること
・生前の延命治療拒否には(尊厳死宣言公正証書)
・葬儀の知識
・遺言が無効となるトラブル
・遺言の取消
・公正証書とは
・遺言書の書き方(構成例)

相続に関する決まり事

・法定相続
・遺留分
・相続や遺留分の放棄
・遺留分減殺請求
・3億円以上の遺産相続

遺言書作成の準備

・遺言執行者
・公正証書作成のための準備物

当サイトのシステム

・家族に遺言書作成を勧めたい方へ
・遠山行政書士事務所のご案内
・サービス概要
・手続の流れ
・料金について
・免責事項
・初回無料相談
・正式依頼

以下は遠山行政書士事務所 が運営するサイトです

遠山行政書士事務所のメインサイト
当事務所が扱う行政書士業務についての総合案内窓口です。

素早いクーリングオフ代行ならクーリングオフ・エクスプレス
悪徳商法や不要な契約について、的確にクーリングオフ手続を代行します。

悩ましい離婚協議書や示談書なら示談書作成エクスプレス
男女問題や傷害事件など、和解合意後の示談書作成をご支援します。

借用書と金銭消費貸借契約書作成エクスプレス
借用書や金銭貸借に関する契約書の作成をご支援します。

公正証書ナビ 借用書と遺言書の公正証書作成
金銭貸借や遺言書の公正証書作成をご支援します。

サイト評価.com ホームページ修正のコンサルティング
WEBサイトの売上向上のためのコンサルティング・サービス

   

素早い遺言書作成エクスプレスのトップページへ