全国対応の遠山行政書士事務所  

遺言書の作成

遺言書は人生の決算書ともいうべき重大な書類です。
遺言の内容によっては、残された家族に相続争いの炎を焚き付けることにもなります。
また、遺言の形式については、民法で厳格に定められており、形式不備があると遺言書そのものが無効になることもあります。
それだけに、遺言の内容は慎重に検討し、形式についても細心の注意を払う必要があります。

民法には普通方式3種と特別方式4種の合計7種類の遺言方式が認められていますが、当行政書士事務所では、自筆証書遺言と公正証書遺言の作成に関して、ご支援をしております。

自分で作成した遺言が、民法の定める形式に適合しているか、内容に法令違反はないか等、なかなか人には聞けないというケースも多いかと思います。
当事務所では、お客様の状況を把握した上で、最適な遺言書の文例を作成しております。

遺言について調べたり、実際に依頼を検討されている場合は、当行政書士事務所の運営する遺言書作成エクスプレスを閲覧下さい。

 

 

メニュー

・クーリングオフ代行
・中途解約支援
・契約書作成
・示談書作成
・遺言書作成
・金銭消費貸借契約書作成
・ネットショップ営業支援
・遠山行政書士事務所のご案内
・個人情報取扱の指針

 

   

借用書の遠山行政書士事務所